私はむだ毛が多くて悩んでいます。いつもはカミソリで処理していますが、そり跡が黒いぽつぽつになって残ります。そして、剃ってもすぐにむだ毛が生えて来るので、むだ毛のない人をうらやましく思っていました。暖かくなり手足を出す季節になると、むだ毛がコンプレックスです。

フリーペーパーで、ミュゼプラチナムの脱毛を見つけて興味を持ちました。地元の横浜にもあるようでしたので、無料カウンセリングの為に、ネットで申し込みました。

オフィスはきれいで、スタッフは親切で明るい雰囲気でした。さっそくカウンセリングで、むだ毛の相談をしました。ミュゼは、スムーススキンコントロールという痛くなく、肌を痛めない脱毛をするそうです。プロの脱毛と言えば、痛いイメージがありましたが、これを聞いて安心しました。光をむだ毛に照射して、むだ毛にダメージを与えて脱毛します。脱毛の前後に美肌ジェルでトリートメントするので、肌を守りながら脱毛ができるのです。むだ毛を処理して、肌もきれいになるとはお得です。説明を聞き、脱毛意欲がわいて来ました。

むだ毛と肌をチェックしてもらいました。両脇を消毒して、ジェルを塗ってもらい、光を照射しました。この光とジェルが黒い色に反応して、むだ毛を抜く働きをするそうです。痛くもないし、消毒したので衛生面も安心です。光照射が終わった後は、プラセンタエキスの入ったクリームでトリートメントしてもらいました。脱毛と肌を守ること両方に力を入れているのは頼もしいです。自己処理は、肌がかさつくのです。

10日後に、むだ毛が抜けました。抜けた後は、毛穴が見当たらず、肌がつるつるできれいです。トリートメントしながらの脱毛、ミュゼに行ってよかったです。光脱毛を繰り返すと、これから生えるむだ毛は、細くなり弱くなっていって最後になくなるそうです。むだ毛がなくなるまで続けたいです。

横浜 脱毛

初めから全身脱毛をしたわけではなく、部位を徐々に増やしていったら結果的に全身脱毛になっていたっていう感じです。ただ、レーザー脱毛だったし、バイトで稼いだお金を元手に部位を増やしていったので、初めて施術した時からすべて終了するまでに相当の時間が掛かってしまいました。全身脱毛は決して安いわけではないですからね。

まぁお金がなかったんで仕方がないんですけど、やっぱりサロンへ毎週通わなくちゃいけなかったりするので結構しんどかったです。最後の方はなんとか要望を聞き入れてもらえて、1回で複数の箇所ができるようになったんですけど、最初の方は、「毛周期が合わないからずらさないと・・・」の一点張りでなかなか他の箇所と一緒にやらせてもらえなかったんです。

どうも、長い間客を確保したかったんじゃないのかなっていうのと、一人にそれだけ時間かけると、他の人の予約ができなくて苦情が来るのが嫌で、短時間で複数回足しげく通わされたんじゃないかって思いますけどね。私の行ったサロンは毎回営業の方が来て、他の部位も今ならお得にできますよ。みたいなセールストークを必ずしてたんですけど、友達の話を聞いていると、施術の間はリラックスできる音楽が流れてて、こちらから離さない限り店員さんは施術に集中してくれてたからリラックスして脱毛ができた。っていう話でした。

もう、すべての部位を一つのサロンでしてしまったので、後戻りはできませんが、これから施術をする方は長い間同じ時を過ごすことになるかと思いますので、自分が満足できるようなサロンを探してください。全身脱毛は安ければ安いだけ良いと思います。

全身脱毛 安い

冬になってからの肌の敵は紫外線でもなく、誇りでもなく、
乾燥がトップに来ますね。

とにかく室内は、加湿器が間に合わないほどの暖房で乾燥していますし、
外は北風が肌に直接あたり乾燥します。
唇もがさがさと荒れ痛くなります。

この季節になると必ずと言って良いほど皮膚科に通いだす人も多いと思います。

顔だけじゃなく、手あれもお湯を使う時期ですので余計油分が取られてしまうので、
あかぎれなどになり荒れてしまいます。

もちろん頭皮も乾燥しやすくなり、かゆみが出たり、ふけが出たり、とにかく乾燥はかゆみの原因になります。

皮膚科に行くと、良く言われるのは、荒れてる部分に刺激を与えない事、あまりなんでも付けないことだそうです。
ですが、つけないと、乾燥がひどくなり、皮膚がゴワゴワになってしまいます。

そこで、欠かせないのは、ワセリンです。
ワセリンは、皮膚科でも薬に混ぜたりするもので、乾燥にはよく使われています。

ドラックストアーに行くと必ずあるもので、値段もとてもお安く手に入ります。
これを顔以外はこまめに付けるようにしましょう。
夏場は少々べとつくので向いていませんが、
冬は買い物袋だって指が乾燥して開けること出来ないぐらいですので、とても必要な物です。

全身が乾燥していると、車からの静電気もひどくなります。
乗り降りでビリビリとなったりする事ありませんか。
そんな時はワセリンで油分を補っています。

顔は、刺激がない物で、コラーゲンや、プラセンタなどお肌に栄養を与えるようにすると
しっとりお肌が喜びます。
乾燥はシワや、たるみの原因になってしまいますので、その前に乾燥させないお手入れが大事になってきます。

洗顔後や、お風呂からあがったら、時間をおかずにすぐに付けるようにしましょう。
水分が付いた時が一番乾燥しやすいので、何をやるより早く保湿するようにしましょう。

乾燥を防ぐということは、お肌のたるみ、しわなどを防ぐことになりますので、
日頃のスキンケアをこまめに乾燥させないようにつとめましょう。

毎年毎年、冬になると肌が乾燥しカサカサになってしまいます。ファンデーションもうまく乗らないし、いい年の女性が顔に粉を吹かせているとみっともないものです。いろんな化粧水を試してみても効果はありませんでした。
しかし今年は違います。いつもの乾燥肌に悩んでいたある日、ふとニベアクリームが顔のケアにも使えることを知り、買ってみることに。夜、就寝前に塗ってみたところ、翌朝肌がすべすべでした。化粧ノリもよく、気になるひ び割れもありません。それから毎晩かかさず使っています。まだ一週間ほどですが、肌の調子は良好です。気のせいか肌のくすみもなくなり明るくなったように思います。旦那は何も言ってくれませんが。
それにしても、ニベアクリームは手肌に使うものだと思い込んでいたので意外でした。もっと早く知っていたらと思います。価格もお手頃なので、高ければ良いわけではないのだと感じました。尚、個人差はあると思いますが、気になる方は一度試してみるといいかと思います。

また、併せて夜は早めに寝ることも心がけています。睡眠はキレイな肌を保つ基本。私はもともと夜行性でついだらだらと夜更かししてしまうことが多いのですが、十代、二十代前半と比べるとやはり肌への負担は大きくなっているように思います。回復力も弱いです。残念ながら年齢には抗えないもの。夜は大人しく眠るのが一番です。
これからますます乾燥していく季節、自分に合った方法で自分の肌をしっかり守っていきたいと思っています。

保湿クリーム ランキング

季節を問わずTゾーンが脂でテカりがちで、メイクもすぐに崩れてしまう私のお肌。でも、口元や目元などはカサカサ乾燥した感じがしていて、ずっとどうスキンケアしていいものか悩んでいました。

そんなわけでずっと自分は混合肌だと思ってきたのですが、ある時、コスメサイトで記事を見てから自分のお肌がインナードライ肌であることを知りました。

かと言って、どう対処していいかもよくわからない私。内側に潤いが足りていないと言う事はなんとなく言葉でわかるのだけれど、保湿系のスキンケア商品を使ってスキンケアすればやっぱりファンデーションは崩れやすくて、1日にお化粧直しを何度したら済むのか分からない位だし、かと言ってサッパリ系の化粧水などを使えば目元口元のカサカサがどうにもならないのです。

結局混合肌と思っていた頃と、スキンケアに対する悩みは何ら変わらずな日々です。でも、ひとつ改善していかなくてはいけない点としては、インナードライ肌になった原因である毛穴づまりを治す事かなと思っています。これは洗顔料を色々と自分で実際に色々試してみて、自分の肌に合った毛穴づまりを改善させるアイテムを探すしかないかなと今試行錯誤しながら探しています。

これから冬に向けて乾燥が激しくなるシーズンに入りますが、潤いに蓋をして、保湿効果を高めてくれる美容クリームなどはインナードライ肌には逆効果なのだそうで、それ以外でシッカリ保湿してくれるものを探さなければいけないなと思っています。

やはりインナードライ肌には、専用の化粧水などもあるようで、そういった化粧水を使うのが良いかなと思っています。私はインナードライ肌用の化粧水が紹介されているサイトなどを見るようにしています。

インナードライ肌化粧水

冬になると乾燥肌がひどくなります。冬に暖房を付けると湿度が低くなり、空気の乾燥が起こりやすくなっています。肌に対する影響も夏の時と違って、特に手の乾燥肌がひどいことになります。乾燥がひどくなると静電気もかなり高確率で起こるので毎年寒い時期は大変な目にあっています。指先やかかとはかさかさになりひび割れが起こります。

顔は少し白い粉がふくようになります。そこで毎朝必ず手に保湿クリームを塗ります。あまり塗りすぎるのも良くないらしいので程々に塗っています。職場で水仕事をすると、手に塗った保湿クリームがとれてしまうので、日中は何度も塗っています。夜になると、お風呂上がりに顔には化粧水と乳液、手にはまた保湿クリームを塗ります。寝る前にかかとやふくらはぎ、ふともも、腕全体に保湿クリームを塗っています。

ここまでやってみても一向に手のかさかさが治る感じがしません。ある程度現状維持ぐらいは出来ているような気はしています。あとは、皮膚科の先生に相談したこともあります。乾燥肌は体質的なこともありますが、やはり塗り薬と、ひどいようであれば飲み薬もあるようですが私は軽度なので塗り薬だけで十分と言われました。

それからは、保湿クリームにはヒルドイド軟膏を塗っています。これを塗っていたら乾燥肌が市販の保湿クリームを塗っていた頃より良くなった気がします。気の持ちようかもしれませんが私の場合はこれで良くなっています。塗り忘れた時はまた一からやり直しとなってしまします。

また、最近気になっているのが、セラミド配合の保湿クリームです。どうやら評判が良く、保湿力も高いので人気が良いみたいです。最近見つけたようなサイトで紹介されていたので、シェアしておこうと思います。

これから冬に向けて、お肌の乾燥が気になる季節。

わたしは、もともと少し肌が弱く、こどもの頃は、プール教室に通うのを医師にとめられたことがあったようです。食器をたくさん洗った後も、手がかさかさすることがあります。

そんなわたしにとっては、冬の乾燥は大敵。脚が粉を吹いたような状態になったり、かかとががさがさしたり、ひどいときには、割れて痛いときがあります。

まだ20代でこれでは、先が思いやられる・・・!皮膚病の可能性もあるので、皮膚科へも行きましたが、もらった薬でもあまりよくなりませんでした。

いろいろなクリームを試しましたが、なかなか快方に向かいませんでした。友人に勧められて、ボディーオイルを試してみました。自然由来成分のみでできている、オーガニックで香りも優しいものです。

オイルには、べたべたしそうでいやだな、という先入観をもっていましたが、お風呂あがりなどの、肌がまだしっとりとしている時に、塗ってあげれば、べたべたすることもなく、効果があると思いました。さらに、すぐに靴下をはいてあげると、オイルがパックのようにしみ込んで、しっとりするように思います。

また、体を洗うときに、ごしごししすぎないことです。背中など、つい強く洗いすぎてしまい、皮膚に必要な油分などまで削ぎ落としてしまっていたようです。

もちろん、背中などににきびがあったり、オイルが肌に合わない方もいると思うので、傷のない場所から試してみて、気に入ったら全身に使ってみたらいいのではないかと思います。

また、最近特にオススメなのが、セラミド配合の化粧水。特にヒト型のセラミドが良いようです。

セラミドとは、保湿能力がとても高い成分で、コラーゲンやヒアルロン酸の保湿力の2倍以上とも言われています。そんなセラミド配合の化粧水を半年近く使用しているのですが、使う前と後じゃ、お肌の状況が全く違いました!

浸透力や保湿力が他の化粧水とは雲泥の差で、セラミドってだけでこんなに違う物なんだなぁ~と感心してしまいます。私がセラミド配合の化粧水を購入するきっかけとなったサイトを紹介しておきますので、是非参考にしてみてください。

セラミド 化粧水

肌が乾燥しているなんて20代前半の頃には考えもしなかったのです。少し吹き出物が出るくらいだから、油脂が少し多いんだなくらいにしかおらず、化粧品会社の水分チェックについても「キメが細かいですね~」なんて言われていい気になっておりました。

25歳を過ぎたころでしょうか、鼻のテカリがきになり始めました。そして、見る見るうちに小鼻の横の毛穴が開き始めてきたのです。これが乾燥による症状だなんて考えてもいませんでした。

よく通うデパートの美容部員さんに相談し、化粧水でパックすることを教えてもらいました。

コットンにたっぷり化粧水を含ませて5分間パックして、乳液をつけてと高い化粧品を使用しておりましたが、特別目立った効果もなく落ち込んでいました。高価な化粧水でも効果ないならドラックストアで売っている安い化粧水でも同じかと思って2日に1度のペースでパックをしていました。

でも、すぐに乾燥してしまうのでコットンパックの上からラップをかぶせてみると、なんだか少し保湿力が上がった気がしました。夜更かしをすると、この化粧水効果も役には立たなくなりました。

そして、年齢が上がるとともに肌の乾燥だけではなく、加齢による肌のたるみも追加され毛穴の開きがひどくなりました。

30代になって出会ったのがオールインワン化粧品と、ビタミンC配合の化粧水でした。そして、丁寧に洗顔するという大切さにやっと気が付きました。手入れが楽じゃないとなかなか試せないものですが、このセットなら効果も割とあるので努力して毛穴を小さくしております。

春や夏場は平気なのに、冬になると足裏部分がカサカサしてきて、酷くなると毛羽立つ絨毯にひっかかってしまう位になってしまうという方は、少なくないと思います。

このカサカサは、実は空気の乾燥がそのままお肌に影響を与えているのです。

春夏場などは、空気中にも湿気が満ちており、お肌も空気中の水分だけで潤いを保てているのですが、寒くなってくると異なります。

それまで気温の温かさで、空気中に飽和していた湿気は、水滴となり窓に貯まるようになったりして、空気中の水分が下がってしまい、乾燥すると同時にお肌もその影響を受けるのです。

顔の場合は、それほどお化粧をしないという人でも、日々の化粧水やクリームなどで、潤いを補給できているのですが、足先などはあまりクリームを塗ってまで、お手入れをしていると言う人は、そう多くありません。そのため脚の乾燥や、カサツキが気になるのですが、これもスキンケアをすることで、通常のお肌に戻れます。

まず気をつけたいのが、自宅では裸足という方です。

脚のカサツキを気にしているという方の多くが、自宅で裸足であることが少なくないのだとか。靴下を履いていると、なんとなく窮屈な感じがして苦手…という理由なのでしょうが、足裏のガサガサが気になるようでしたら、靴下を履くようにしましょう。

また履く前にクリームを塗りこんでおくと、更にお肌に効果的です。それでも駄目だという場合、最近でてきた削らない角質ケアというのは、かなり有効な手段です。薬品に1時間ほど足先を漬けておくだけで、1週間後には角質部分が綺麗に剥けますので、重度の乾燥に悩む方にはオススメです。